So-net無料ブログ作成

タマミジンコ供給体制整う [ディスカス]

 ここのところ力を注いでいた〝タマミジンコの自家増殖〟ですが、ようやく軌道に乗り、十分な量のタマミジンコを確保出来るところまで漕ぎ付けることが出来ました。

 現在の供給体制は、
①2Fのベランダ(小)にトロ舟60L×2個(水量約45L×2)
②魚部屋内20Lバケツ×1個(水量約10L)
③  〃  2Lペットポトル×5本(水量約1L×5本)
 3方式、総水量約100Lになっております。

 当初の予定では、BV3S 2腹目の1回分の給餌量確保を考えておりましたが、上記設備で正に〝爆発的増殖〟となり、BV3S 2腹目の1回分の給餌量では多すぎるため、BV-sp F3にも与えております。

 出来れば当面、この2腹分に〝ミジンコ君〟を食べて増殖した栄養たっぷりのタマミジンコを与えていきたいのですが、〝爆発的増殖〟を支えているトロ舟が夏場には水温が上昇し過ぎてしまい使用不可になると思われます。どう考えても6月一杯が限度でしょうか。

 ミジンコ君を与えて増殖した栄養価の高いタマミジンコの給餌については、今後も可能な限り続けていこうと思います。2年後のコンテストが楽しみです。

 ■BV3S タマミジンコ給餌直後
 IMG_3105.JPG
 ■ペットに小分けしたミジンコ。それを濾したもの
 IMG_3099.JPG
 IMG_3104.JPG

 タマミジンコの取り扱いについては、サン・ニュートリション社浜田氏にご指導いただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

〝アマゾン河〟に想いを馳せる・・・ [ディスカス]

先般、静岡武者修行の旅でおじゃまさせていただいたF氏より、本blog宛てにわざわざコメントを頂戴いたしました。
 そこに意味深い一文が、「キーワードは〝アマゾン河〟」・・・。深い・・・。深すぎます・・・。
 
以来、どうもこの言葉が気になり、我が家の水槽をこんな感じで眺めてみて・・・。
IMG_3103.JPG
 タンクブリードの改良品種が泳いでいる・・・。

 うーん・・・〝アマゾン河〟・・・残念ながらこの仔達からは〝アマゾン河〟の〝アの字〟も感じられません。勿論、頭の中では、分かっております。この仔達のご先祖をたどれば、絶対にアマゾン河に行き着くことは・・・。

 ディスカスの本質を知るためには、アマゾン河を知れということなのか・・・。

真面目になって考えてみる・・・。百聞は一見に如かず・・・!!。KUROさん、今度、日本の真裏ブラジルはアマゾン河まで武者修行の旅に行ってみない・・・??

 話しはガラッと変わりますが、本日もエサの買い出しと、ディスカス仲間に会うためアクアマイスターへ出かけました。最近、どうも新規の若いお客さんが増えてきております。
 ディスカスブームの再来・・・期待します。また、本日初めて女性のお客さんも。アクアマイスターへは3年程通っていますが、女性の方とお会いすることはほぼ皆無でした。ディスカスの裾野が老若男女問わずもっともっと広がればと切に願います。

八潮市 武者修行 [ディスカス]

 本日も、KURO氏とともに、武者修行に出かけました。

 行先は、これまた知る人ぞ知る埼玉県八潮市のK氏のお宅にお邪魔させていただきました。

 前にもお話しさせていただきましたが、K氏は先日のディスカスコンテストでは、3個体エントリーし、ストライプ・ソリッドレッド優勝、ソリッドブルー準優勝のあわや3冠達成の恐ろしい程のお手前の御方です。

 さぞかし凝りに凝った環境でディスカスを飼育されていると思いきや、K氏の飼育設備・環境の〝シンプル〟かつ〝シンプル〟・・・。

 機材、環境はシンプルなのですが、水槽の中のディスカスたるや、やはり〝尋常ならざる個体のオンパレード〟・・・。

 正直、多少の違和感を感じました。でもこの現実から言えることは、ディスカス飼育は、高価な設備・機材や添加物等で魚の出来・仕上がりが決まるものではないことの証左となります。

 やはり、くどいようですが、どれだけのこだわりや想いを持ってディスカスと接するか・・・。これが一番大切なのだろうと確信するに至りました。

 ■K氏 混泳水槽 自家繁殖RMと、そうですコンテスト後最も注目されていた、例の〝円盤倶楽部賞〟クリペア・・・。正に垂涎の♂個体!!。しかもペアになっていた♀個体はK氏が購入されたとのこと。
 IMG_3095.JPG
 1年後辺りでこのペアで仔が採れれば・・・。きっと凄いことになると思います。また、是非とも採って下さい。
ワイルドの繁殖が今後盛んに行われればと、個人的には切に願っております!!

 K氏が来年のコンテストにおいて、ソリッドブルー・ソリッドレッド・ストライプ・ワイルドの4冠達成なんてことにならないよう、私も精進しなければ・・・。

 K氏、本日はありがとうございました。

静岡 武者修行の旅 [ディスカス]

 本日、常々懇意にさせていただいているKUROさんと、静岡県までディスカス武者修行の旅をしてきました。

 訪問先は言わずと知れた、ディスカスホビースト界では知らない人はいないといっても過言ではない〝静岡の双璧こと E氏・F氏〟のお宅を訪問させていただきました。
 
〝百聞は一見に如かず〟とは良く言ったもので、やはり現場にて現物を間近にに見つつ交わされる言葉の数々は、最も効率の良い学習であると痛感しました。

 ■F氏温室にて 観賞魚フェア〝ディスカスコンテスト〟総合優勝魚の同腹達
 IMG_3092.JPG
 
 今日何となく分かったことは、ディスカス飼育の方法は、まさに〝十人十色〟〝千差万別〟で、いわゆるキッチリとした〝模範解答〟というものはなく、飼育者個々人が取捨選択の末、〝自分の型〟〝自分の飼育スタイル〟に辿り着く。(到達する)
 そして面白いことに、ディスカスという魚は、同腹の兄弟でも、育成者が変われば全く違った魚が出来上がる。 ここにこそ、ディスカス飼育の醍醐味があるのだと思いました。
 今日学んだことは、細かな技術や技量もさることながら、もっとも肝心なのは、如何に真剣かつ真摯にディスカスと向かい合っていくかという〝心構え〟なのではないかと強く感じました。

 ■勉強させていただいたにもかかわらず、E氏からは産卵筒・乾燥エサ・添加剤等をいただきました。
 IMG_3094.JPG
 
 また、お宅訪問後は、夕食をごちそうになってしまいました。
 夕食はバーベキューにしよう・・・。「雨降るなか・・・?」と疑問に思いつつ車に揺られることしばし・・・、小高い山の上のバーベキュー屋に到着。
 バーベキューと言えば誰しも屋外を連想すると思いますが、そこは、5・6畳の離れ式の屋内になっており雨天でも全く平気。鶏肉・ブタバラが最高に美味しかったです。チョット他県の方は驚かれると思います。

 E氏・F氏この場をお借りしまして、「本日は本当に色々とありがとうございました。」

タマミジンコ増殖中 [ディスカス]

 先日ご報告したサン・ニュートリション社〝ミジンコ君〟によるタマミジンコの増産ですが、20Lバケツ・ペットポトル・トロ舟を駆使しつつ、だいぶ軌道に乗ってきました。
 といいましても、まだBV3S 2腹目の間食程度ですが、もう少しすれば1食分は十分に確保できそうです。

 ブラインシュリンプより、ハッキリと〝食す〟瞬間が分かりますし、タマミジンコも必死に逃げております。これぞ〝食物連鎖〟・・・としばし眺めておりました。

 もしかしたら、写真に撮れるかなと試みましたが、
これが限界・・・
 IMG_3084.JPG
 稚魚の口先やや上の黒い点こそ〝タマミジンコ〟になります。これ写すだけで手がプルプル・・・。写真の技量の無さを痛感しました。

 やっぱり活き餌はいいようで、食いつき抜群、こんなちっちゃくても縄張り争いを始めます。ブライン給餌では見ない光景です。活き餌相手なので、捕食が上手い成魚になって下さい!!

クリペア♂×BV-sp♀ ワイルドクロス [ディスカス]

 先日、思い切って世代交代を断行。BV-spF1世代が魚部屋を卒業した旨ご報告させていただきました。

ただ3匹のみOver Age枠で、60ワイド水槽に残留していただきました。
 
残留した3匹は次のとおりになります。
 ①兄貴の持魚のBVⅢ♂
 ②BV-spの大柄仔育て上手の♀(sp4腹・5腹と3S 2腹目の♀親)
 ③我が魚部屋唯一のワイルド クリペア♂

 ほどなく環境の変化からか、3匹とも調子を崩しておりましたが、どうにか持ち直し8割程度回復してくれました。様子を観察していると、このタイミングで、どうもクリペアの♂が若干発情しているようなので、とりあえずBVⅢ♂を一旦メインの混泳水槽に移っていただきました。
 
 クリペアを残留させた理由は、採れるならワイルドクロスを一度挑戦しておきたいがためになります。♀の回復が若干遅れていますので、こちらも気長に経過を観察していきたいと思います。

 ■ワイルとクロス・・・採れるかな・・・
  IMG_3058.JPG
 クリペア♂×BV-sp♀ ワイルドクロス。将来のことを考えると2・3匹いてくれると心強いのですが・・・。

 ところで、本このblogの総閲覧数が50,000件を突破致しました。今後とも頑張って更新していきますので、引き続きご愛顧の程宜しくお願い致します。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。